eSIM TIPS
2024年1月30日

韓国旅行で使えるおすすめeSIM3選を比較で紹介!使い方や事前設定の方法も

本記事では、韓国旅行に使えるeSIMを3つ厳選して比較紹介します。初めてeSIMを使う人にも分かりやすく、eSIMの使い方や設定方法も解説していますので、韓国旅行を快適に楽しむためにeSIMを活用してみましょう。

韓国で使えるeSIMとは何?

そもそもeSIMとは、スマートフォンなどの端末に外部から挿入するSIMカードと異なり、端末内部に埋め込まれているSIMのことです。

今までは海外旅行の度に、現地で新しいSIMカードを購入する手間がありましたが、eSIMの技術により、現地でSIMカードを購入したり挿し替えたりすることなく、手持ちのスマートフォンの操作だけで韓国の通信サービスを利用することができるようになりました。

eSIMとSIMカードの違い

eSIMとSIMカードの違いを装着方法、設定方法、利用開始日時という観点から比較しています。

eSIM SIMカード
装着方法 端末にチップが内蔵されているので装着の必要なし 端末にカード型のチップを挿し込む
設定方法 eSIMプロファイルをダウンロードする SIMカードを挿し込む
ネットで申し込み 最短即日で利用可能 発送によって3~5日

SIMが必要なのはなぜ?

SIMには「契約したキャリア」「電話番号」といった契約情報などが記録されています。それらの情報をもとに「電話回線での音声通話」や「データ回線を使ったインターネット通信」を行っています。

韓国旅行中にeSIMを使うメリットとデメリット比較

韓国でeSIMを使うことのメリットとデメリットを比較しています。基本的には、eSIMの方がWifiレンタルやSIMカードよりもメリットが多いですが、一部デメリットも存在します。

個々の状況に合わせて、最適な選択をしましょう。

eSIMのメリット

eSIMのメリットは多々ありますが、特に物理的な形態でないことによるメリットが数多くあります。

  • 〇商品の受取やSIMの挿し替えの手間がない
  • 〇忘れたり、紛失したりする心配がない
  • 〇旅行中の荷物を少なくできる
  • 〇オンラインでいつでもどこでも購入でき、即日利用も可能

eSIMのデメリット

eSIMのデメリットは、対応機種が一部制限されている、設定方法が難しいといった点でしょう。

  • 〇対応機種が必要
  • 〇設定方法が難しい
  • 〇SIMロック解除が必要
  • 〇複数端末での利用はできない
  • 〇電話回線は使えないものが多い

 

SIMロック解除が必要なのはなぜ?

SIMロックとは、スマートフォンなどの端末に対して「特定のSIMしか動作しない」など利用制限がある状態のことを言います。この状態を解除することをSIMロック解除と言い、この設定がもともとない端末のことをSIMフリー端末と呼びます。

eSIM対応端末であっても、SIMフリー端末とは限りませんので、eSIMを申し込む前に忘れずに確認しましょう。

 

韓国で使えるeSIM対応のiPhoneとAndroidの機種確認方法

iOS 「設定」>「情報」から、EID(識別番号)が表示されている

「設定」>「モバイル通信」に「eSIMを追加」がある

・iPhone XR/XS以降のSIMフリーiPhone

・iPad 第7世代以降 Wifi+セルラーモデル以降

Android メーカーにより異なりますが、一般的には「設定」>「デバイス情報」>「SIMステータス(SIMスロット2)」から、EID(識別番号)の文字がある

 

韓国でのeSIMの使い方

韓国でeSIMを使うためには、事前にいくつかの設定が必要です。iPhoneとAndroridそれぞれの設定方法を紹介します。端末やサービスによって表示される画面数やメッセージが違うこともあるので、購入元から案内される設定方法の確認は必須です。

出発前と到着後での設定手順も異なります。到着後にすぐ使えるように、出発前に設定を済ませておけば落ち着いて旅のスタートが切れるのでおすすめです。

iPhoneの使い方、設定方法

〇出発前に日本でする設定

  1. ①受け取ったQRコードを印刷または他の端末で表示しておく
  2. ②「設定」>「モバイル通信」>「eSIMを追加」
  3. ③「QRコードを使用」をタップして、QRコードを読み取る
  4. ④「eSIMをアクティベート」>「続ける」をタップ
  5. ⑤「モバイル通信設定完了」>「完了」をタップ
    ※日本で設定するとアクティベーションに失敗しますが無視します
  6. ⑥「モバイル通信プランの名称」>「続ける」をタップ
    ※ここでeSIMの名称を「旅行」などわかりやすく変えておくのがオススメです
  7. ⑦デフォルト回線は契約中のキャリアを選択しておきます
    ※韓国に行くまではeSIMを使う必要がないのでメイン回線のままにしておきます

〇韓国到着後にする設定

  1. ⑧「設定」>「モバイル通信」をタップ
  2. ⑨登録したeSIMの回線を選択しオンにする
  3. ⑩「設定」 >「 SIM」>「  利用するeSIM選択 」> データローミングオンにする
  4. ⑪繋がるまで数回「この回線をオンにする」のオンオフを繰り返す

Andoroidの使い方、設定方法

〇出発前に日本でする設定

  1. ①受け取ったQRコードを印刷または他の端末で表示しておく
  2. ②「ネットワークとインターネット」>「SIM」をタップ
  3. ③「SIMをダウンロードしますか?」をタップして「次へ」もタップ
    ※ダウンロードするのにWifiなどでネットワークへの接続が必要です
  4. ④「ダウンロード」をタップ
    ※ダウンロード完了までしばらく待ちます
  5. ⑤ダウンロードが完了したら契約中の通信キャリアを選択して「完了」する
    ※韓国に行くまではeSIMを使う必要がないのでメイン回線のままにしておきます

〇韓国到着後にする設定

  1. ⑥「設定」>「ネットワークとインターネット」をタップ
  2. ⑦追加したeSIMをタップ
  3. ⑧「モバイルデータ」と「ローミング」をオンにする
  4. ⑨メッセージが表示されたら「使用」をタップ

 

韓国で使えるおすすめのeSIM3選!

韓国で使えるeSIMは数多くありますが、購入のしやすさ、使いやすさ、プランの豊富さ、サポート対応などの観点から厳選して、3つのサービスをご紹介します。

日本のソフトバンクやNTTのように各国にも通信事業者があります。韓国にはKTやSKテレコムといった通信事業者があります。

trifa(トリファ)

trifa(トリファ)は株式会社ERAKEという2020年設立の日系企業が運営するサービスです。世界195カ国のeSIMがアプリで購入可能という点が魅力的です。

購入から使用までアプリ内で完結。チャットサポートで気軽に質問ができるのもポイント。

診断レポートで質問に答えるとおすすめが表示されるので、旅程や用途に合わせて無駄のないプランが選べます。

通信事業者 SKテレコム
データ/日数 1GB/7日間

3GB /15日間

10GB/31日間 他

通話
追加チャージ
公式サイト https://www.trifa.co/ja

 

KKday

KKdayは、2014年設立の台湾本社の海外のサービスです。株式会社KKDAY JAPANという日本支社が運営しているサービスとなります。

世界各国の旅行先での体験サービスやチケットを販売しているサービスですが、eSIMもサイト上で販売しています。

eSIMは500MB~無制限までプラン数が豊富で利用日数や料金での検索も可能で、色々比較しながら選定したい人にはこちらのサイトがおすすめで。

割引しているプランも多いのでお得に利用できる可能性も!

通信事業者 SKテレコム/KT/3 Hong Kong 他
データ/日数 500MB~無制限/1日~30日

組合せて選択

通話 プランによる
追加チャージ
公式サイト https://www.kkday.com/ja

 

 

TRAVeSIM

TRAVeSIMは、 2008年設立のa2network (Thailand) Co., Ltd.というタイを拠点とする会社が運営しているサービスです。

韓国旅行なら「ASIAプラン1,980円」を選べばOK!なのでとてもシンプル。

24時間電話で日本語対応サポートあり。初めての購入で不安という方にもおすすめ。

ASIAプランには日本も含まれるので、日本でeSIMに切替えてから出国するのもあり。

通信事業者 a2network
データ/日数 6GB/8日間
通話
追加チャージ
公式サイト https://www.travesim.com/

 

韓国旅行で使えるeSIMに関するよくある質問

Q1. 韓国で電話番号付きで、おすすめのeSIMはどれ?

SKテレコムが電話番号付きプランを出しています。

ショートメッセージの受取や電話の受信ができます。

Amazon楽天でも購入可能です。

 

Q2. 韓国で3日間滞在の場合、おすすめのeSIMはどれ?

  1. Trip.com
    3日間/無制限 1,387円
  2. SKテレコム
    3日間/無制限 1,800円
  3. trifa
    7日間/3GB 1,650円

Q3. 韓国で5日間滞在の場合、おすすめのeSIMはどれ?

  1. TraveSIM
    8日間/6GB 1,980円
  2. SKテレコム
    5日間/無制限 2,750円
  3. Nomad SIM
    30日間/5GB 2,500円

Q4. 韓国で30日間滞在の場合、おすすめのeSIMはどれ?

  1. Trip.com
    30日間/無制限 5,643円
  2. Nomad SIM
    30日間/20GB 6,000円
  3. SKテレコム
    30日間/無制限 6,500円

Q5. 韓国で使えるeSIMは、即日利用も可能ですか?

即日利用できるものがほとんどです。

購入後に送られてくるメールの内容をよく読み手順通り設定を進めることがスムーズな利用のポイントです。

 

韓国旅行ならeSIMが断然おすすめ

eSIMは購入から手続きまでオンラインでいつでも行うことができます。旅行前に商品の受取に気をつかったり、紛失したりすることもありません。

また、出国前に準備できなかった!ということがあっても、現地の空港やホテルなどのフリーWiFiを利用すればその場で購入することもできます。

滞在日数やインターネットの利用用途に応じてプランを選択すればお財布にも優しいです。

最初は設定で少し戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてしまえば旅行や出張頻度が高い人にこそおすすめです。

 

※記事内の価格については記事作成における調査時点での価格となります。

最新の投稿

連載特集

  • 木暮祐一のeSIM奮闘記
  • 山根康宏のワールドeSIMレポート

タグ